「活動日記」カテゴリーアーカイブ

冊子「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」

市内の環境活動市民団体と横須賀市が連携しておこなった「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験」
平成29年度からの3年間の授業まとめた冊子「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」ができました。

表紙「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」
本文イメージ「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」

授業を実施した小学校の学区にはそれぞれ違った環境や課題があり、毎回オーダーメイドで体験プログラムを作り、3年間で延べ20校、3,881人の児童に、環境保全の1ページを開いてもらいました。そこから将来の環境保全マスターとなるのは何人!?
野生生物も、自然保護活動も、ボトムアップが大切です。

横須賀市のサイトで事業の詳細や冊子を読むことができます。
学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 | 横須賀市

目次
あいさつ はじめに
学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験とは
授業実施の流れ

<事例 平成29年度>
城北小 復活大作戦 竹林! 田んぼ! 池!
大塚台小 いざ自然道場! 遺跡 貝塚
鴨居小 双眼鏡で観察! 観音崎公園の鳥
鷹取小 草笛鳴らしながら♪ 鷹取山公園
久里浜小 おしえて! 生物多様性
追浜小 その正体は!? センサーカメラで確認

<事例 平成30年度>
逸見小 歩いて学んで 校内環境ブラッシュアップ!
大楠小 前田川 天神島 大楠山
池上小 水の生きもの 平作川上流へ!
粟田小 水質調査 光の丘水辺公園 野比川
豊島小 歩いて生きもの観察 うわまち病院まで
望洋小 はじめての林へ!

<事例 令和元年度>
大津小 ため池で生きもの観察 竹沢堰
荻野小 砂浜でビンゴゲーム?!
衣笠小 山、里、川、トウキョウサンショウウオ。
沢山小 作ろう ヤマアカガエルの池
岩戸小 復活チャレンジ! 焼木の田んぼ
田浦小 外来植物駆除 シラユキゲシ
田戸小 自然を探せ 中央公園
長井小 代掻き 脱穀 ぼくたちの米作り

学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 実行委員会 委員長の想い ~事業を終えて~

学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業実行委員会

市民団体(環境活動団体)
NPO 法人三浦半島生物多様性保全
横須賀「水と環境」研究会
三浦半島自然ふれあい楽校
里山わらべがっこ

横須賀市
環境政策部 環境企画課
環境政策部 自然環境共生課
教育委員会 教育指導課
市民部 市民生活課

田植えの合唱!

若芽の里(衣笠山の麓)
二年度目になるLaLaLandの自然体験授業の受け入れ。
LaLaLand 「横須賀バイリンガルスクール 逗子」、「みんなともだち保育園 戸塚」の受け入れは各園、月二回、年度末まで来てくれるので、今後どれほど虫が触れるようになるのか、自然遊びが好きになるのか、成長を見守れることを嬉しく思います(^_^)

今日は約30名の子供達が田植えに初挑戦。
子供達の大きな笑い声や泣き声が響き渡り、まるで楽器が音色を奏でてるみたいだね、とmbcn最強サポーターの野木村さんはおっしゃっていました🎷🎻🎸〜🎶

最初はドロドロ田んぼに入るのに抵抗がある子が多く、泣いてしまう子も。
でも先生になだめられ、頑張って入水。

前回の田おこしで水に入れず大泣きしていた子は今日も大泣きしちゃうかな?
と思っていたけど、手だけは田んぼに入れられ、成長を感じられました。
こういう瞬間が嬉しくて堪りません。

お米の赤ちゃんが(苗)元気においしく育つようにみんな一生懸命上手に田植えができました。

今年度も子供達がのびのびと楽しい時間を過ごせるように、そして日常ではできないスペシャルな体験を提供できるように今年度も工夫を凝らしてしていきたいです(^_^)

田植え日和!

おとといも今日も子供達と一緒に田植えをします。
最初のクラスは苗箱運びもやってもらったので、二人一組になって「重ーい!運びにくーい!まだ着かないのー!」と言いながら現地まで一列になって歩きました。
そして、田んぼへ入るときにはみんな「キャーキャー!」していますが、どんどん慣れてきてあっという間に一列、また一列と上達して進んでいきます。
みんな、お疲れ様でした!!

長沢さくらフェスタ!

京急長沢駅ロータリー前にて、長沢桜フェスタ 15時まで開催中!
私達はセリやアキタフキ、クレソンや小麦粉の販売等のほか、里山のジオラマ展示も行っています。
是非皆様お越しください✨
http://kitashitaura.com/kankou/area_event/sakurafesta.html…

冬田んぼ!

冬の田んぼはやることがないと思ったら大間違い!
暖かくなってくると、田起こしや代かき、種まきとやることがどんどん増えてくるので、今のうちに崩れた畦や穴の開いた場所の修復、繁った葉で田んぼが影にならないように山の裾刈りなどなど…やることは盛りだくさん!!
あと、忘れてはいけないのが冬に産卵するカエルなどのための水辺の確保!
この日のお楽しみ、この場所で去年採れた餅米を炊いて、あまーい味噌だれをつけて五平餅を作ってくれました。
とっても美味しかったです🎵
寒空の下ですが、これからも皆さんと一緒に頑張りますー✨

もちつきと竹燈籠!

今週はお餅つきweek!
平日だけで3回もお餅つきイベントがありました。
小学生や幼稚園の子供達と一緒に今年の収穫をお祝いして、楽しくお餅を食べることができました!
あと、竹灯籠作りが今年も始まりました!
ドリルを使ってどんどん模様の穴を開けていきます。
今年も皆さんに喜んでいただけるようなキレイな竹灯籠になるようまだまだ頑張ります✨

昔の農具でお米を作る!

横須賀市小矢部にある保全地域「若芽(わかめ)の里」
収穫を終えた稲が、お米の形になるまでの工程、脱穀や籾すりなどを昔の農具を使っておこないました。

※ご覧の動画には字幕もつけています。あわせてご覧ください。

横須賀 小矢部にある「若芽の里」の休耕田は、2017年から横須賀市立城北小学校の5年生が総合的な学習の一環として復田、そして2018年度、6年生になって引き続き、田植え、稲刈りをしてくれました。

ここでお米が収穫されるのは、なんと約50年ぶりのことです!

田んぼ体験を行う小学校は多くありますが、復田から行った小学校はあまりないのではないでしょうか

協力 横須賀市立城北小学校の生徒たち
作成 NPO法人三浦半島生物多様性保全

NPO法人三浦半島生物多様性保全では、学生向けの環境教育やエコツアーをおこなっています。
地域の環境保全活動の担い手として、次世代の育成にも力をいれています。
詳しくは、応援する|事業の委託(企業・学校向け)をご覧ください。

オオフサモ!

10月17日と18日、横須賀市との市民協働モデル事業「外来生物バスターズモデル事業」として野比自然池を覆っていた外来植物「オオフサモ」の駆除活動を行いました。
オオフサモはアマゾン川原産で、日本には鑑賞用や緑化目的で導入されました。
茎だけで増殖する無性生殖をするため繁殖力が強く大増殖し、水面を覆ってしまう水草です。
外来生物法で移動や販売、栽培が禁止されている特定外来生物に指定されています。
オオフサモが繁茂して水面を覆ってしまうと在来植物を圧迫するだけでなく、水面を利用するトンボなどの水生昆虫が生息できなくなったり、溶存酸素が低下して水質が悪化したりしてしまいます。
オオフサモはミゾソバと絡まり厚いマット状になっていて、抜き取って運び出す作業は大変な作業でした。
ですが、多くの方のご協力もあり水面を覆っていたオオフサモのほとんどを除去でき、水面が見えるようになりました。
しかしながら、完全に除去することはできなかったため、また増殖してしまうことが予想されます。
今後の様子を見守っていきたいと思います。
今回の作業にご協力いただいたボランティアの皆様、横須賀市職員の皆様、ありがとうございました。