「メディア」カテゴリーアーカイブ

紹介されました!

「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業」のことが、
読売新聞 2020年4月3日(金曜日)朝刊 地域 神奈川 22面
教育・学校に関するニュースや話題を掲載するコーナー「教育ルネサンス」に掲載されました。

「自然守る」授業成果 横須賀市が事例集 3年間、20校参加


関連ページ

「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」の表紙

冊子「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」

横須賀市のサイトで事業の詳細や冊子を読むことができます。
学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 | 横須賀市

冊子「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」

市内の環境活動市民団体と横須賀市が連携しておこなった「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験」
平成29年度からの3年間の授業まとめた冊子「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」ができました。

表紙「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」
本文イメージ「学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 事例集」

授業を実施した小学校の学区にはそれぞれ違った環境や課題があり、毎回オーダーメイドで体験プログラムを作り、3年間で延べ20校、3,881人の児童に、環境保全の1ページを開いてもらいました。そこから将来の環境保全マスターとなるのは何人!?
野生生物も、自然保護活動も、ボトムアップが大切です。

横須賀市のサイトで事業の詳細や冊子を読むことができます。
学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 | 横須賀市

目次
あいさつ はじめに
学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験とは
授業実施の流れ

<事例 平成29年度>
城北小 復活大作戦 竹林! 田んぼ! 池!
大塚台小 いざ自然道場! 遺跡 貝塚
鴨居小 双眼鏡で観察! 観音崎公園の鳥
鷹取小 草笛鳴らしながら♪ 鷹取山公園
久里浜小 おしえて! 生物多様性
追浜小 その正体は!? センサーカメラで確認

<事例 平成30年度>
逸見小 歩いて学んで 校内環境ブラッシュアップ!
大楠小 前田川 天神島 大楠山
池上小 水の生きもの 平作川上流へ!
粟田小 水質調査 光の丘水辺公園 野比川
豊島小 歩いて生きもの観察 うわまち病院まで
望洋小 はじめての林へ!

<事例 令和元年度>
大津小 ため池で生きもの観察 竹沢堰
荻野小 砂浜でビンゴゲーム?!
衣笠小 山、里、川、トウキョウサンショウウオ。
沢山小 作ろう ヤマアカガエルの池
岩戸小 復活チャレンジ! 焼木の田んぼ
田浦小 外来植物駆除 シラユキゲシ
田戸小 自然を探せ 中央公園
長井小 代掻き 脱穀 ぼくたちの米作り

学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業 実行委員会 委員長の想い ~事業を終えて~

学区の自然を再発見、小学校向けの環境体験事業実行委員会

市民団体(環境活動団体)
NPO 法人三浦半島生物多様性保全
横須賀「水と環境」研究会
三浦半島自然ふれあい楽校
里山わらべがっこ

横須賀市
環境政策部 環境企画課
環境政策部 自然環境共生課
教育委員会 教育指導課
市民部 市民生活課

GW特別企画 春の里山体験!

GW特別企画 春を味わう里山体験!!
お出かけするにはもってこいのこの季節、今の時期にしか出来ない春の里山体験をしてみませんか?
日時:4月30日(火)、5月1日(水)、2日(木) 全て10時~
場所:横須賀市小矢部 若芽の里
料金:大人・中・高生 3,600円
   小学生・未就学児 3,000円
詳細・お申込は下記サイトよりお願いします。
https://tabica.jp/travels/8423

人物風土記!

2週連続でミゾゴイ冊子のこと、鈴木茂也のことをタウンニュースで掲載していただきました!
彼は藪の中へどんどん突き進んだり、木や山をひょいひょい登ったり、素晴らしい写真を撮影したり…ユーモア溢れるとてもパワフルなコンサベイショニスト(話のわかる、自然保護にプロフェッショナルに携わる者)です。

鈴木 茂也さん | NPO法人三浦半島生物多様性保全の理事で、「ミゾゴイ」の冊子を手掛けた | 横須賀 | タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/0501/2019/01/25/466907.html

LUSH!

私達がいろいろな方々と一緒に育てたお米の稲藁が、LUSHのバレンタインのギフトボックスになりましたー!
多くの方々に私達の活動を始め、全国で里山保全活動を行っている団体がたくさんあることも知ってもらえたらいいなと思います。

生まれ育った神奈川県・三浦半島の自然環境の変化を目の当たりにし、そこに生息する生き物の暮らしをよくするために里山の再生に取り組む Npo法人三浦半島生物多様性保全の天白牧夫さん。
稲作、山菜採りなど、旬のものがどんどん採れる里山での生活では、自然に対する人間のアクションがとても柔らく、自然から返ってくるリアクションもとても柔らかくなる、と天白さんは話します。
「人も生物もやわらかくなる三浦の谷戸田再生」
http://bit.ly/2sy36A6
天白さんも参加する「渡り鳥プロジェクト – サシバを追え!」はこちらから🦅
http://bit.ly/2McEK7U

ミゾゴイ冊子!

私達が作製したミゾゴイの冊子を、タウンニュースさん(横須賀市版)が掲載してくださいました!
いろいろな方々に見ていただけたら嬉しいです✨

環境保全グループ 絶滅危惧「ミゾゴイ」知って 三浦半島での生態 冊子に | 横須賀 | タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/0501/2019/01/18/465945.html
ミゾゴイの冊子

オオヤマタカコさん × 天白牧夫 in SYOKU-YABO農園

「渡り鳥プロジェクト – サシバを追え!」(LUSH ラッシュ)をきっかけに、オオヤマタカコさんに取材していただきました。

現在、都市部での環境循環を行うことで、社会問題を解決するといった環境デザインを企業や行政に提言する活動をしているオオヤマタカコさんのこまやかな取材記事です。ぜひご覧ください。

人も生物もやわらかくなる三浦の谷戸田再生(LUSH ラッシュ)

本の紹介:京急沿線の近現代史

エコーする〈知〉

京急沿線の近現代史

小堀 聡 著

京急沿線の近現代史

最近多い鉄道ファン向けの本と思いきや、純然たるまちづくり、みどり政策に精通した一冊です。
京急や西武鉄道と三浦半島各自治体との密接な関係とその経緯、時代の変化への対応の明暗がわかりやすく整理されています。そして当団体が関係しているフィールドも鉄道会社や大手ゼネコンと深く関わっているのです。
著者の小堀 聡さんは幼少期に横須賀の自然環境に親しんだお一人として、三浦半島におけるこれからのエコタウンの形成について、本書の中でも配慮すべきキーワードをいくつか投げかけてくれています。過去の教訓に学び、地域のより良い未来を思い描きましょう。

著者:小堀 聡(名古屋大学准教授、横須賀生まれ、日本経済史・環境史)著
体裁:A5判・並製・約175頁
定価:本体1,800円+税 ISBN978-908823-45-9
出版:クロスカルチャー出版 http://crosscul.com